愛国心が国中を満たす(2017.03.06 | 政治

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

p01-1_20170224
p01-2_20170224
p01-3_20170224
p01-4_20170224
p01-5_20170224
p01-6_20170224

2月23日、何万人もの国民と居住者が、ブルネイ国の第33回目のナショナルデー(建国記念日)を祝うために首都バンダル・スリ・ブガワンに溢れたので、首都の静かな通りを濡らした早朝の豪雨は、国家への愛国心、愛、及び忠誠心に水を差すことができなかった。

スルタン(ハサナル・ボルキア国王)の到着後、タマン・ハジ・サー・ムダ・オマール・アリ・サイフディン(中央公園)は、何万人もの人々、老いも若きも、現役や退職した人々、及び身障者が、愛国心と忠誠心を示すために、フィールド中を一斉に行進したので、沢山の色で溢れていた。

スルタンには、アルムタディ・ビラ皇太子兼総理府上級大臣、モハメッド・ボルキア殿下、ジェフリ・ボルキア殿下、アブドゥル・マリク王子、アブドゥル・ワケエル王子、アメエラ・ワルダトゥル・ボルキア王女が同行し、素晴らしいナショナルデー・パレードと祝賀式典を観た。この式典には、フィールド・パフォーマンス、パレード参加者から学生達までにの23,000人以上の強いチームが参加した。

スルタン及び他のロイヤル・ファミリーが中央公園に到着したとき、ペヒン・ハルビ・ビン・モハメッド・ユソフ文化・青年スポーツ大臣(第33回ナショナルデー祝賀式典実行委員会委員長)及び同実行委員会委員の歓迎を受けた。

ロイヤル・ファミリーは、熱心な数万人の国民からロイヤルサルート(王室への儀礼)及び国歌斉唱で迎えられた。

スルタンは、それからロイヤル・ブルネイ国軍及ロイヤル・ブルネイ警察軍を閲兵した。

“国家ヴィジョンを達成すること”というテーマで、2月23日のイベントは、国家に最高の国民を提供するための軍隊の精密な訓練の間に、何万人もの参加者が熱気と湿気に耐えながら何週間にもわたって作り上げたものであり、ブルネイの最も重要な歴史的イベントの一つを祝うために召集されたものである。

今年のテーマは、3つの主要な特徴-即ち、スルタン及び国家への忠誠心、イスラム教への信仰、並びに社会的慣行と歴史的慣行の調和-を教え込むことを目的としている。

このテーマには、「各々の国民、居住者、及び国家発展に関与している全ての部門は、“ブルネイ・ヴィジョン2035”が成功裏に実現することを確実にする役割がある。」と述べている。

スルタンの“ブルネイ・ヴィジョン2035”は、教育をダイナミックで持続可能な経済を創り出すだけでなく、最も高い国際水準によって測定された、高いスキルを持ち、成功した国民のいる国家として世界中に知られる国になることを構想としている。

2月23日の祝賀式典は、国家の主権と国民の独立精神並びに国家への愛と忠誠心を象徴している巨大なサイズの国旗を持っている旗持ちによって導かれるパレードで始まった。

彼等の後ろに、第33回ナショナルデーの国旗を運ぶ33名の宣誓を読み上げる人、ロイヤル・ブルネイ国軍、ロイヤル・ブルネイ警察軍の代表団、各省庁、及び各県代表がいた。―すべての人は、この国の抱負に見合う強いコミットメントを反映する信頼と誇りに満ちて歩いていた。

3つの異なる学校、即ちアンジェレク・デサ小学校、ハジ・モハンマド・ジャファー・マウン小学校、セント・ジョージ‘ズ・スクールの代表からなる100名の生徒のチーム、及び第6学年の360名の訓練生から成るナショナル・サービス・プログラム(PKBN)派遣団は、“ブルネイ・ヴィジョン2035”を実現するために若い世代の役割を描いているコーラスを演奏した。

このパレードではまた、高等教育機関、カレッジ、公立及び私立の小中学校、非政府組織、銀行、外国の協会、並びに国の独立を祝うために行進している優れた成就者のグループから成るチームが見られた。

教育機関は、10,000人以上の学生達でパレードを行い、一つのグループとして最大のグループを作り上げた。

行進した参加者の半分以上は、青年が占めており、国の能力を高めるためのコミットメントを示していた。

行進した中には、ムハンマド・イーサン・サブリ・ビン・アブドゥル・マナプ・ブルネイ/ムアラ県知事補佐によって導かれた宣誓、並びにペンギラン・ムハンマド・アメエル・ムバラク・ビン・ハシム教育省管理オフィサー・グレード1によって導かれた“偉大なるアラー神”(アラー・アクバル)3回斉唱、が首都に響いた。

宣誓を読み上げた人達のチームは、様々な政府部門及び民間部門の機関、高等教育機関、制服組の部門や組織から選ばれた33名の参加者から成り立っている。

このチームはまた、2名の身体障害者が加わり、宣誓を行うのに手話を用いた。

第33回ナショナルデー祝賀式典のハイライトは、国家ヴィジョンを実現するコミットメントを支持する国民の間で団結を反映した7,133名の参加者によって示されたフィールド・パフォーマンスだった。

中央公園を去る前に、スルタンは、参加者に会い、挨拶をかわし、また条件の悪い天候を克服し、第33回ナショナルデーを成功に導いた彼等の献身的な努力に対して感謝の意を表明した。

(B.B.2017年2月24日)