ブルネイ・シェルJV、永年勤続者を祝う(2017.03.06 | 経済

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

page-14-a-19p6_050317
page-14-b-10p3_050317
page-14-c-10p4_050317
page-14-d-16p8_050317
A section of invited guests at the event

3月4日、エンパイア・ホテル&カントリークラブのインデラ・サムドラ・グランド・ホールで開催された“ブルネイ・シェル合弁事業(BSJV)エンブレム・ナイト”に於いて、総勢296名の従業員が永年勤続のお祝いを受けた。

年に一度の感謝の夕べで、11名の従業員が40年の永年勤続賞を、144名の従業員が35年の永年勤続賞を、56名の従業員が30年の永年勤続賞を、また115名の従業員が25年の永年勤続賞をそれぞれ受賞した。

受賞者は、ブルネイ・シェル・ペトローリアム社(BSP)、ブルネイLNG社(BLNG)、及びブルネイ・シェル・マーケティング社(BSM)の従業員から成っている。

ダトー・バーリン・ビン・アブドゥラ開発大臣(BSJV会社の取締役会長を兼務)が、来賓としてこのイベントに出席した。

また、ダトー・アミン・リュー・ビン・アブドゥラBSJV取締役会メンバー並びにBSJVの役員も出席した。

アンドリュー・フォークナー・ブルネイ・シェル・ペトローリアム社社長は、この式典でのスピーチで、永年勤続賞を受賞した人々に対して感謝の意を表明した。

「今夜のイベントは、会社と永年勤続者との間の創り出されたパートナーシップの達成を反映させる機会を提供します。」と、同社長は語った。

「私達が難題を克服し、機会を捉え、そして驚くべき結果をもたらすことができたのは、あなた方の継続的な努力とサポートによるものです。」

同社長は、「40年間の永年勤続の人々は、BSJVの中で信じられないくらいの業績を上げた期間を見てきました。そして、彼等に継続的な改善を引き起こすことを許したのは、会社とスタッフの間で長い間続いている好ましい関係があったからです。」と語った。

「私達の経験と間違いから学び、私達自身を駆り立て、約束通りに、時間通りに、そして全てのレベルで予算の範囲内で、デリバリーするように努めることにより、私達は、BSJVとブルネイの繁栄ある将来と持続可能な将来への道を開き続けます。」

同氏は、「ある人が同じ組織で25年間、30年間、35年間、並びに40年間ずっと働くということは、驚異的な偉業です。」と語った。

「それは、あなた方の会社におけるあなた方の忠誠心、強い帰属意識、並びに非常に大きなプライドを示しています。」

BSP社長は、「驚くべきことですが、受賞者の総勢で、BSJV会社に8,985年間いることになります。それは、経験と知識の最も驚くべき図書室(どんな会社にとっても信じられないほど価値のある資産です)を意味する1,900万マン・アワー(人時)相当のBSJVの経験と知識に達します。」と付け加えた。

「従って、この経験は、それに基づいて事を進め、共有されることが重要です。」と、同氏は語った。

「それで、私は、あなた方により若い世代のスタッフにあなた方の知識を授け、彼等を養育することを手伝うように心からお願いします。より若いスタッフは、そのような共有から利益を得ます。また、より早く学びます。そしてブルネイの将来を活気づけるための追求において、私達の有能なパイプラインを構築する当社の既存の努力を更にスピードアップします。」

BSP社から30年永年勤続の表彰を受けた一人であるペンギラン・カマルディン氏は、全ての受賞者を代表してスピーチを行った。

同氏は、受賞者達のそれぞれの会社に、“私達のキャリアを通して学ぶ機会と育成する機会を提供してくれることに対して、私達が毎日無事に家に帰ることができることに対して、またブルネイ国の成長の一部である機会を与えることに対して”、感謝の意を表明した。

「私達は、私達の努力(大小さまざまあるが)がBSJVと私達が愛している国ブルネイにとって非常に重要であることを心から願っています。」と、同氏は付け加えた。

来賓が、40年永年勤続表彰者に永年勤続エンブレムを贈呈した。また、35年永年勤続表彰者、30年永年勤続表彰者、及び25年永年勤続表彰者は、それぞれのBSJV会社の社長から賞品を授与された。

“BSJVエンブレム・ナイト”は、永年勤続者のそれぞれの会社に対する忠誠心、勤勉さ、及び献身を認め、感謝する目的で開催される年に一度のイベントである。

(B.B.2017年3月5日)