国王が若者に積極的になるよう呼びかけ(2017.08.08 | 社会

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

Page-1-b-183_020817
Page-2-a-517cm-ns_020817

Page-1-a-239cm-ns_020817
Page-3-a-7cl-ns_020817
Page-3-c-4cl-ns_020817
Page-3-b-4cl-ns_020817
Page-3-d-4cl-ns_020817

ハサナル・ボルキア国王は、若者に対し、受け身でいるのではなく積極的になるよう呼びかけられた。

「ただ何かを待つ日々を送るのではだめなのです。」国王は8月1日にブラカスの国際コンベンションセンター(ICC)で開催された第12回全国若者の日(National Youth Day)を祝うスピーチの中でこう述べられ、「望ましい若者とは、活発で福祉活動に精を出し空虚にただ時間が過ぎるのを待つことのない者です。」と言葉を続けられた。

「時間を賢く使うことが極めて重要です。今の若者は娯楽に時間を費やしすぎています。若者を娯楽に溺れさせてしまえば、将来に重大な悪影響をもたらします。」

「国家として、さまざまな課題への対応力が不足するという問題に直面するかもしれません。」と話された。

「優秀な若者を育成することは、まぎれもなく投資なのです。すべての関係者による献身的取り組みと、戦略的計画を通じた実行が求められますが、これは若者自身の自覚なしには始まりません。」

「自覚することで若者は、人間として成長し愛国心を持ちます。ここでいう自覚とは、宗教心を強め、コミュニティの性質や民族性に沿った家族意識を持つことです。このような自覚はすべて、地位や立場に関わらず我が国の若者にとって極めて重要です。」

「これは理想的な若者に欠かせない原則です。私たちは、我が国の若者がこのような自覚をまったく持たないという事態を留意しておかなくてはなりません。もしもこれが現実になったら、社会にとっても国にとっても打撃となります。」

「他国の学校でいじめが起きていたり、学生が犯罪に巻き込まれ、時には命を落としたりする事態を見聞きするたびに心配でたまりません。実に憂慮すべき問題です。若いうちからこのような重大な犯罪を起こす学生が成人したらどうなるのか、考えてみてください。」

「ですから、このような事件から学び、ブルネイ・ダルサラーム国では決して起こらないよう、指導者、保護者、教師がより多くの責任を持たなければならないのです。」と述べられた。

「私たちの責任とは、ただ建物を建てたり、国造りをしたりするだけではありません。最も難しい課題は、人を育てることです。そのために学校を造り、家族制度を確立し、イスラムの教えを広める指導者を育てているのです。」

また、「関係者全員で一丸となって、国造りに取り組み、特に10代を含む若者を育成していかなくてはなりません。この責任を完全に果たした先にこそ、私たちにとっての希望があるのです。」と言葉を続けられた。

これに先立ち国王は、「若いころの日々は美しく甘いものです。有益な青年時代を過ごした人は幸運です。なぜならこの時期の経験こそが、人格形成や成長に極めて重要だからです。」とお話になられた。「ここでいう成長とは『Syakhsiah』、つまり人格・能力・知識の点での成長を指します。通常の健全な成長を遂げた若者は幸運ですが、人格・教育・能力の点で申し分のない中身を伴った若者であれば尚更です。このような若者が優秀な若者であることに疑いの余地はありません。」

「優秀な若者とは、その中身で測ることができますが、姿勢からも分かります。前進することに熱心であれば、それは優秀な若者の証であり、積極的で創造力があるはずです。これは優秀さを表すのではないでしょうか。」と言葉を続けられた。

さらに国王は「このような若者こそが、国の求める若者です。」とお話しになった。

祝典には、総理府上級大臣であられるアルムタデー・ビラ皇太子、モハメッド・ボルキア殿下、スフリ・ボルキア殿下、ジェフリ・ボルキア殿下、アブドゥル・マリク殿下も参列された。

ペヒン・ハルビ・ビン・モハメッド・ユソフ文化・青年・スポーツ大臣が第12回全国若者の日の祝賀会実行委員会会長として歓迎の挨拶に立ち、「Belia Berdaya Usaha dan Berinovasi Menjayakan Wawasan Negara (国家ビジョンを実現する起業家精神あふれる革新的若者)」という祝賀テーマは、教育を受け、高い技術を身につけ、成功することの重要さを若者に伝えるために選ばれたものであると話した。

「これらのすべてが、Vision 2035で目指すように国が優秀な人材を確保し経済を活発化せる上で役立つのです。」と語った。

さらに大臣は、「持続可能な繁栄のために若者は、迅速に主要分野に移行し、より高い教養を身につけるべきです。」と続けた。

国王はその後、4つの賞を次の受賞者に授与された。「Excellent Youth Award(優秀な若者賞)」Nurliyana Fatin binti Arifin氏、「Youth Service Award(若者サービス賞)」Haji Muhammad Iqbal Fakhri bin Haji Damit氏、「Young Youth Leader Award(若者リーダー賞)」Insan開発協会(KESAN)のMohammad Aidil Firdaus bin Haji Jukin from Insan氏、「Excellent Project for Youth Award(優れた若者向けプロジェクト賞)」www.alhuffaz.com(コーランの学習プラットフォーム)。

それぞれの受賞者にトロフィー、ブルネイの織物「Kain Tenunan」、感謝状、3,000ドルが贈られた。国王は若者たちと交流し、展示会を見学された。

(B.B. 2107年8月2日)