国王、新任大使と会談(2017.08.21 | 外交

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

p01-1_20170811
p01-2_20170811
p01-3_20170811
ハサナル・ボルキア国王(スルタン)は8月10日午後、ブルネイ・ダルサラーム国に新たに着任した3名の大使から信任状を受理された。

今回信任状を捧呈したのは、リチャード・ステファン・リンジー駐ブルネイ英国高等弁務官、加藤元彦駐ブルネイ日本国大使、ペーター・ヘルマン・ヴォルフ駐ブルネイドイツ大使の3名。

信任状捧呈式の後、国王は3名の駐ブルネイ新任大使と会談された。

リチャード・ステファン・リンジー英国高等弁務官は、外務・英連邦省のセキュリティポリシー部長をこれまで務めていた。

加藤元彦日本国大使は、在英日本国大使館の特命全権公使・次席公使をこれまで務めていた。

ペーター・ヘルマン・ヴォルフ・ドイツ大使は、在パラグアイ・ドイツ大使館の次席公使をこれまで務めていた。

信任状捧呈式はイスタナ・ヌルル・イマンで行われた。

(B.B. 2017年8月11日)