皇太子、日本の元首相の謁見を受ける(2017.09.20 | 外交

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

PAGE-1-A-13P8_100917

アルムタディ・ビラ皇太子兼総理府上級大臣は、9月9日午前に日本の福田康夫元首相の謁見を受けた。今回の謁見は、福田元首相のブルネイ・ダルサラーム国での3日間の滞在中に行われた。

皇太子と福田元首相は謁見式でアセアンと日本の関係について話し合った。

福田元首相は、ブルネイ元日本留学生協会(BAJA)主催による第23回アセアン元日本留学生評議会(ASCOJA)会議に出席するためブルネイ国を訪れていた。

謁見式には加藤元彦駐ブルネイ日本国大使も出席した。

また、ブルネイ国教育省のペヒン・スヨイ・ビン・オスマン大臣も出席した。

謁見式はカシュル・アルメエザンで行われた。

(B.B.2017年9月10日)