22名のブルネイ人に日本語能力試験の認定証を授与(2018.04.05 | 教育

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

Held at Japan Embassy, Kiulap, the Japanese Ambassador to Brunei

在ブルネイ日本使館は3月9日、日本語能力試験(JLPT)のレベルN2からN5に合格したブルネイ人に対し、認定証の授与式を行った。試験は2017年12月3日に実施された。
授与式はキウラップの在ブルネイ日本国大使館で行われ、加藤元彦駐箚特命全権大使は、試験に合格した22名に認定証を授与し、合格を祝福した。同時に、日本語の学習を今後も続けていくよう励ました。
日本語能力試験は、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定する信頼性の高い試験として、1984年に国際交流基金によって開始された。ブルネイ・ダルサラーム国では2008年から試験が始まり、毎年12月に実施されている。2018年度の日本語能力試験は12月2日に実施予定で、申込み受付期間は7月から9月までとなっている。

(B.B.3月10日)