第27回スリ・ムリア・サルジャナ・スクール卒業式で成績優秀者を表彰(2018.12.17 | 教育

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

スリ・ムリア・サルジャナ・スクール(SMSS)は11月24日、リズクンインターナショナルホテルで第27回卒業式及び表彰式を行い、第6学年の生徒176名と第10並びに第11学年の生徒163名の学業修了を祝った。

加藤元彦駐ブルネイ日本国大使が主賓として招かれた。

スリ・ムリア・サルジャナ・スクールの初等部、中等部それぞれの校長および関係者が式に参列した。

加藤大使は生徒たちの学業に対する熱心な取り組みを称え、「本日、ここに集まった若い生徒たちを前にして、皆さんが持っている大きな可能性に気づきました。皆さんは将来、ブルネイ国を導くリーダーとなられるでしょう。日本とブルネイ国の関係をつなぐプログラムに皆さんが参加できる機会が、今後も増えることを期待しています。」と述べた。

立派な成績を修めた上位3名の生徒が表彰を受け、その他に、タブン・アマナ・イスラム・ブルネイ銀行(TAIB)賞、特別中国語賞、が成績優秀者に授与された。

伝統舞踊などのスペシャルパフォーマンスが行われ、卒業式に花を添えた。

page-8-c-14p3_251118-630x420お祝いのスピーチを行う加藤元彦駐ブルネイ日本国大使

page-8-e-13p1_251118-630x420卒業式を迎えた6年生

(B.B.11月25日)