ブルネイ政府高官が日本との関係促進で授章(2020.11.03 | 外交

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

日本政府は、日本・ブルネイ間の関係強化及び友好関係の促進に貢献した功績を評価し、Dato Paduka Haji Mohd Nor bin Haji Jeludin外務次官兼儀典長に対し、旭日重光章を授与した。

1984年に日本の外務省が主催した 「外国人公務員日本語研修」 に初参加したブルネイ人の一人でもある。

彼は一貫して日本とブルネイの良好な関係の発展に尽力してきた。

2003年から2005年まで駐日大使を務め、2003年12月ハサナル・ボルキア国王陛下の来日、2004年9月皇太子徳仁殿下(現、天皇陛下)によるブルネイビラ皇太子の結婚式への出席など両国間の友好関係の向上に貢献した。

また、2004年の日・ブルネイ外交関係20周年の祝賀、2019年にはハサナル・ボルキア国王陛下が徳仁天皇の即位の礼に出席され、これらに尽力した。

大使館は、「ハサナル・ボルキア国王陛下の御臨席は、外国からの賓客の中で最長の国家元首として大きな注目を集め、Dato Paduka Haji Mohd Nor bin Haji Jeludin外務次官兼儀典長は、日・ブルネイ関係の観点から、この歴史的訪問に貢献されました」と述べた。