国王誕生日 祝賀プログラム(2021.07.01 | 社会

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

国王陛下の同意を得て、ブルネイ・ダルサラーム国の国王陛下の75歳の誕生日を祝う式典が7月15日に執り行われる。

これは、6月30日の内務省 (MoHA) での記者会見で、内務省大臣Pehin Orang Kaya Seri Kerna Dato Seri Setia (Dr) Haji Awang Abu Bakarにより発表された。

大臣は、第75回国王誕生日祝賀委員会会長として、すべての式典、プログラムやイベントが保健省 (MoH) によって発行された新しい規範とガイドラインに従って調整されたと説明した。

また、式典は安全規則や標準作業手順書 (SOP) に沿って開催される。

概要を示したプログラムの中には、7月1日午前8時に首都で行われる巨大国旗の掲揚、マグリブとイシャクの祈り、7月14日午後5時45分にコーランの朗読会があり、主にカンポン・キアロンにあるジャメアスル・ハサナルボルキアモスクで行われる他、全国のすべてのモスク、礼拝所、礼拝堂でも行われる。

「グランドパレードは7月15日午前7時20分から首都のタマン・ハジ・サー・ムダ・オマール・アリ・サイフディエン(中央公園)で行われる。パレードの後、イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)のバライ・シンガサナ・インデラ・ブアナ(王座の間)で聴衆と叙勲式が行われます。」と彼は言った。

「ツトン地区の会合式典は、7月25日午前8時30分にツトン団地で開かれる。

記者会見中の内務省Pehin Orang Kaya Seri Kerna Dato Seri Setia (Dr) Haji Awang Abu Bakar大臣
国王誕生日祝賀委員会メンバー

「テンブロン地区では、7月27日午前8時30分頃、テンブロン市のペカン・バンガール・コミュニティ・ホールで開催されます。

「8月1日、午前7時にブルネイ・ムアラ地区のタマン・ハジ・サー・オマール=アリ・サイフッディーンで会合式典が開かれる。ベライト地区では、セレモニーは8月3日午前8時30分にクアラベライト市エリアで行われる予定です。」

大臣はまた、懇親会の式典に招待されたゲストは、COVID-19の拡散を抑制するためにMoHが発行したガイドライン、安全規則、SOPに従う必要があることを指摘した。

「国旗の降納は、7月31日午後2時にハサナル・ボルキア広場で行われる予定です」と述べた。

「4地区すべての夜店を含むその他のサイドプログラムは、7月15日から8月3日まで行われる。」

「お祭り屋台の会場は、ブルネイ・ムアラ地区のバンダル・スリ・ブガワンにあるロイヤル・レガリア博物館前の駐車場、ベライト地区のジェライ・トゥドゥン・サジ(フリーマーケット)、ツトン地区のペンギラン・ムダ・マコタ・ペンギラン・ムダ・ハジ・アルマタディー・ビラ病院前の広場、そして、テンブロン地区ペカン・バンガルのタマン・ペラヤン・エリアです。

「お祭りの夜店の営業時間は午後5時から午後10時30分となります。」

一方、MoHのPermanent SecretaryであるHaji Maswadi氏は、同じ記者会見で、2020年5月6日以降COVID-19の市中感染がブルネイで記録されていないにもかかわらず、すべての人が引き続き警戒し、予防措置を遵守しなければならないと述べた。

「招待客と一般市民が、首都のタマン・ハジ・サー・ムダ・オマール・アリ・サイフディエンでのグランドパレード、イスタナ・ヌルル・イマンでのオーディエンスと叙位式典、4地区すべてでの会合式典など、75歳の誕生日を祝うイベントに参加するには、COVID-19ワクチンを少なくとも1回接種する必要があります。」と彼は言った。

また、保健担当官が立ち合い、携帯電話のBruHealthアプリや提供された予防接種のパンフレットを通じて出席者の予防接種状況を確認する、とも述べた。

「熱、息切れ、咳、インフルエンザ、嘔吐下痢などの症状があり、体調の優れない方は、お祝い事にはご参加いただけません。高齢者や慢性疾患のある等のハイリスクの方はフェイスマスクを着用することをお勧めします。」と彼は言った。

「一般の人々も、祭りの屋台でいくつかの場所に置かれたQRコードをスキャンする必要があります。食品販売業者や一般の人々も、手を洗い、屋台の区域を清潔に保つことで、継続的に自らと周囲の衛生を実践するよう勧めています。」

「食品販売業者は、食品の調理と提供の際に必ずマスクを使用すべきです。また、国家予防接種プログラムの第3段階の期間にワクチンを接種することも勧められています。」

ブルネイ警察 (RBPF) の交通管制調査部長であるPengiran Haji Abdul Salam氏は、首都での毎晩のお祭りの屋台や主要イベント開催期間中において、円滑な交通流を確保する為に、交通安全規則を遵守し、警察官からの全ての指示に従うよう自動車運転者に呼びかけた。

彼はまた、混雑を避けるために早めの来訪、また指定された場所に車を駐車するよう市民に勧めた。