ブルネイ選手団、東京五輪へ出発(2021.07.19 | 社会

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

昨日、第32回オリンピックのブルネイ選手団7名のうち5名がブルネイを出発し、東京に向かった。

派遣団は、統括責任者のUmi Kalthum氏、水泳の代表選手Muhammad Isa氏、コーチ、事務局役員、そしてコミュニケーション担当者で構成されている。

Umi Kalthum氏は、派遣団は厳格な標準業務手順に従うと述べた。

彼女は「日本では、毎日の唾液検査とスワブテストを4日に1回受けることになっています。私たちは東京行きの便の前に(出発の96時間前と72時間前に)二度スワブテストを行い、派遣団の全員が予防接種を受けました。

オリンピック選手村の食堂は、一人一人が自分のスペースで食事をし、定員は30%となっています。」

オリンピック選手村で最初の新型コロナウィルスの陽性者が確認されたというニュースについて聞かれ、懸念はあるが、ブルネイの人々が試合中に選手らの安全と健康を祈ることを期待している、と答えた。

選手の目標については、大会中に個人記録や国内記録を破ることを目指している、と話した。

文化・青少年・スポーツ省Dato Aminuddin大臣はブルネイ国際空港で選手団の見送りに立ち会った。

司法長官とブルネイアマチュア水泳協会副会長Haji Ahmad氏、在ブルネイ日本国大使館覚田臨時大使らも同席した。

ブルネイは東京五輪で陸上と水泳の二つのスポーツ競技に出場する予定だ。陸上のMohd firdaus Ar-Rasyid選手は男子200メートルに、Muhammad Isa選手は男子100メートル平泳ぎに出場する。

Mohd firdaus Ar-Rasyid選手は競技が8月3日に行われるため、追って東京へ向けて出発する。

(写真)第32回オリンピック東京大会に向けてブルネイを出発するアスリート達。 ブルネイ国際空港にて選手団に話す文化・青少年・スポーツ省Dato Aminuddin大臣

(写真)文化・青少年・スポーツ省Dato Aminuddin大臣、ブルネイ派遣団の集合写真
(写真)ブルネイ日本大使館覚田臨時代理大使と、ブルネイ選手団統括責任者Umi Kalthum氏、オリンピックのマスコットと共に