日本大使、オリンピックの安心と安全を保証(2021.07.19 | 社会

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

7月18日、山本栄二駐ブルネイ大使は、東京オリンピックに向けてブルネイに対して力強い応援のメッセージを発した。

「東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催にあたり、日本政府と国民を代表し、応援の言葉を述べたいと思います。

私たちは1年以上COVID-19のパンデミックと戦ってきましたが、今回のパンデミックを乗り切った、世界的な結束の象徴でもある、安全で安心できる環境で東京オリンピックを開催します。

世界は団結しており、最終的にはパンデミックとの戦いに勝利するでしょう。オリンピックへの参加、また才能ある若者を東京に派遣する事についてブルネイの勇気ある決断に感謝を申し上げます。

日本政府は感染を防ぐために必要な措置を講じ、安全な東京大会開催を保証します。

偶然にも、今年は東日本大震災から10周年です。ブルネイをはじめとする各国からの圧倒的な支援・貢献のおかげで、日本国民はこの危機を乗り越えることができました。 

東京での試合は、震災からの復興を示す機会になると思います。 

選手が最高のパフォーマンスを見せてくれるのを楽しみにしています。子どもは私たちの世界の最大の希望だという言葉があります。未来には多くの可能性と挑戦が待ち受けていますが、私たちの使命は、子どもたちや若者に夢を託し、未来に向けて、より良い未来を築くために、子どもたちを元気づけ、力づけることです。ブルネイ選手の幸運を祈って、Semangat!(がんばれ!)」 

(写真)山本 栄二 駐ブルネイ大使