ブルネイ保健省宛、医療品の寄附を実施(2021.09.28 | 社会, 過去のイベント

ブルネイでは8月上旬からの新型コロナウィルス市中感染が拡大しており、これに伴い医療品在庫が逼迫していることから、現地で特に需要が高いN95マスクと抗原検査キットB$10,000(約80万円)相当を当協会として寄附をすることを決定致しました。

9月27日に行われた保健省での式典にてこれら医療品の納品を完了し、保健省Maswadi次官へ当協会広瀬会長のレターを手交、次官からは謝意と共に感謝状を頂いております。また、本件は以下の通りBorneo Bulletin紙に掲載されております。

保健省、B$10,000の寄附を受け取る (2021年9月28日付 Borneo Bulletin紙)

ブルネイ・ダルサラーム国のCOVID-19感染予防を支援するため、公益社団法人日本ブルネイ友好協会 (JBFA)は9月27日、N 95マスク50箱と抗原検査キット500セットを保健省に寄贈した。

保健省庁舎での式典にて、JBFAを代表し三菱商事㈱ブルネイ総代表の原禎氏が保健省Maswadi次官にBND10,000の物資を寄付した。

原氏は、ボルキア国王へJBFAからのメッセージを伝え、感染拡大防止に尽力している医療従事者に敬意を表した。