10月2日からより厳しい制限へ(2021.10.02 | 社会

以下ニュースはブルネイ「ボルネオ・ブリテン」紙(B.B.)、ニュースサイト「ブル・ダイレクト」(B.D.)の記事を翻訳の上、掲載しています。

ボルキア国王の同意を得て、10月4日から17日にかけて、保健省の規制措置の延長としてCOVID-19規制が強化される。 

“Operasi Pulih” として知られている、より強化された制限は、10月1日の記者会見で、Dato Amin第二財務経済大臣によって発表された。  

大臣は、保健省によって発行された制限への協力を確保するために、執行機関による積極的な監視と執行を含む2週間の期間中に実施されるいくつかの追加戦略を明らかにした。 

「市民は、移動を減らし、COVID-19の感染リスクを減らすために、毎晩午後8時から午前4時まで自宅にいることを勧められ、義務付けられています。例外は、緊急事態や緊急事態、または重要な現場作業を行う場合のみです。」 

大臣は、継続的に実施されている取り組みに加えて、自治体リーダーらの協力も求めた。 

「自治体のリーダーらは流行拡大を制御するために集めたボランティアと一般市民のメンバーを監視することが期待されています。しかし、陽性者の数は明らかに減っていません。一方、現在のベッド容量が78%である隔離センタ-のベッド数は最大容量まで拡張されつつあります。」 

「直近2か月の統計では、第2波陽性者の約75%がCOVID-19ワクチンを未接種、17%が単回投与を受けたばかり、予防接種を完了したのはわずか8%でした。COVID-19の流行を抑制するため出されたすべての指令を継続的に順守し、物理的な距離を保ち、集会を控えることによって社会的責任を果たすことが必要です。」と大臣は言った。 

大臣はまた、規制や標準運用手順 (SOP) に違反したすべてのインシデントを公衆が報告できるようにするために、毎日24時間稼働している国家調整センターCOVID-19 (N 3 C) でホットライン番号を提供した。

「8月7日の保健省の記者会見に続き、COVID-19の第2波による同国での政府機関及び非政府組織における取締り強化に関し、利用可能な統計によると、COVID患者の約1%が集中治療室での治療を必要とする重度の感染症の影響を受けることになります。現在まで、カテゴリー5のワクチン接種を完了した患者はいません。」  

「これらの統計は、ワクチン接種によって予防効果を高めることの重要性を示しています。医療制度が逼迫しないためにも、この対策は重要です。 

「今後数週間で、ブルネイ政府は人口の80%が2021年末までにCOVID-19ワクチン接種2回完了を目指します。当初の目標達成時期が2022年3月であったことを考えると、この達成には相当な努力が必要です。ブルネイは、必ずや定められた目標を達成することができるでしょう。」 

「また、政府はパンデミックからの脱却に向けて、段階的に移行するための努力を継続します。ブルネイの全ての社会と個人が一致団結し、協力し、 COVID-19感染の拡大防止に協力して取り組むことにより、成功するものと考えられます。」 

大臣は、国民は緊急事態や重要な局面を除いて家を離れるべきではないと改めて強調した。 

「仕事をしている人は、できるだけ在宅勤務をするべきです。COVID-19での陽性例の数が減少し始めると、それは我が国の医療システムへの圧力を軽減し、ワクチン接種プログラムを成功させるために貢献したエネルギー資源を振り向けることに優先順位を与えることができます。」