未分類

p02-1_20170418

4月17日、ムアラ・ポート 社(MPC)は、新たなサービスを発表した。一荷受人(一輸入者)用の貨物を載せている輸入FCLコンテナの、貨物取り出し作業に関するサービスである。

これは、ムアラ・コンテナターミナル(MCT)における作業効率の向上を目的としており、ブルネイ政府の方針である「ビジネス環境改善」 と、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン で構成される東ASEAN成長地域 (BIMP-EAGA/ビンプ・エアガ)における玄関口としてのムアラ・ポートの発展に沿ったものとなっている。

このサービスは現在、MCTのゲートからおよそ1キロの場所にある、ブルネイ通信省港湾局 所有の専用施設、インランド・コンテナ・デポ(ICD)で実施可能となっている。

これにより荷受人や輸入者は、各運送業者を介し、コンテナをそれぞれの施設まで運ぶか、あるいはICDで貨物を取り出すかの選択が可能となる。

このサービスが最終的に目指すのは、可能な限り迅速に全てのコンテナを港から運び出し、それにより、こうしたコンテナのMCTでの滞留時間を減らすことである。

同様に、荷積み作業を要する輸出FCL コンテナも、輸出に向けてコンテナを船に積み込む前に、この施設を利用することが可能。

4月17日 、ムアラ・ポート 社(MPC)は、新たなサービスを発表した。一荷受人(一輸入者)用の貨物を載せている輸入FCLコンテナの、貨物取り出し作業に関するサービスである。

これは、ムアラ・コンテナターミナル(MCT)における作業効率の向上を目的としており、ブルネイ政府の方針である「ビジネス環境改善」 と、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン で構成される東ASEAN成長地域 (BIMP-EAGA/ビンプ・エアガ)における玄関口としてのムアラ・ポートの発展に沿ったものとなっている。

このサービスは現在、MCTのゲートからおよそ1キロの場所にある、ブルネイ通信省港湾局 所有の専用施設、インランド・コンテナ・デポ(ICD)で実施可能となっている。

これにより荷受人や輸入者は、各運送業者を介し、コンテナをそれぞれの施設まで運ぶか、あるいはICDで貨物を取り出すかの選択が可能となる。

このサービスが最終的に目指すのは、可能な限り迅速に全てのコンテナを港から運び出し、それにより、こうしたコンテナのMCTでの滞留時間を減らすことである。

同様に、荷積み作業を要する輸出FCL コンテナも、輸出に向けてコンテナを船に積み込む前に、この施設を利用することが可能。

(B.B. 2017年4月18日)