2017年11月3日(金)~12月25日(月) 福岡アジア美術館「サンシャワー東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」開催のご案内(2017.09.15 | お知らせ/Notice

福岡アジア美術館2017

福岡アジア美術館にて「サンシャワー東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」が下記の通り開催されますので、ご案内申し上げます。

近年、めざましい経済発展とともに、国際的な注目を集める東南アジアの現代美術。その歩みは、晴れていながら雨が降るサンシャワー(天気雨)のように発展と困難が背中合わせでした。植民地支配と独立、独裁政権と民主化、経済発展と格差のなかで、ダイナミックに変化してきた東南アジア10ヵ国の1980年代から現在までの美術を、約30作家の作品から「情熱と革命」「さまざまなアイデンティティー」「歴史との対話」など9つの視点で掘り下げて紹介します。

本展は、東京の国立新美術館と森美術館、国際交流基金アジアセンターが共同で開催している展覧会(7/5-10/23)を部分的に巡回するものです。福岡では、巡回作品に加えて、当館の所蔵作品や出品作家が90年代に福岡で展開したパフォーマンスの記録映像や展示のアーカイブをあわせて展示します。福岡ならではの、東南アジアと福岡の美術交流の軌跡をお伝えします。

「サンシャワー東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」

・会期:2017年11月3日(金)~12月25日(月)

・会場:福岡アジア美術館

・主催:福岡アジア美術館、西日本新聞社、TVQ九州放送

・観覧料:一般800(600)円、高大生500(300)円、中学生以下無料

( )は前売り、20人以上の団体、満65歳以上で年齢確認のための健康保険証や運転免許証等の提示者の料金

・休館日:水曜日

【お問い合わせ】福岡アジア美術館

TEL:092-263-1105 FAX:092-263-1105

ホームページ:http://faam.city.fukuoka.lg.jp