経済

p02-1_20170418

4月17日、ムアラ・ポート 社(MPC)は、新たなサービスを発表した。一荷受人(一輸入者)用の貨物を載せている輸入FCLコンテナの、貨物取り出し作業に関するサービスである。

これは、ムアラ・コンテナターミナル(MCT)における作業効率の向上を目的としており、ブルネイ政府の方針である「ビジネス環境改善」 と、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン で構成される東ASEAN成長地域 (BIMP-EAGA/ビンプ・エアガ)における玄関口としてのムアラ・ポートの発展に沿ったものとなっている。

このサービスは現在、MCTのゲートからおよそ1キロの場所にある、ブルネイ通信省港湾局 所有の専用施設、インランド・コンテナ・デポ(ICD)で実施可能となっている。

これにより荷受人や輸入者は、各運送業者を介し、コンテナをそれぞれの施設まで運ぶか、あるいはICDで貨物を取り出すかの選択が可能となる。

このサービスが最終的に目指すのは、可能な限り迅速に全てのコンテナを港から運び出し、それにより、こうしたコンテナのMCTでの滞留時間を減らすことである。

同様に、荷積み作業を要する輸出FCL コンテナも、輸出に向けてコンテナを船に積み込む前に、この施設を利用することが可能。

4月17日 、ムアラ・ポート 社(MPC)は、新たなサービスを発表した。一荷受人(一輸入者)用の貨物を載せている輸入FCLコンテナの、貨物取り出し作業に関するサービスである。

これは、ムアラ・コンテナターミナル(MCT)における作業効率の向上を目的としており、ブルネイ政府の方針である「ビジネス環境改善」 と、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン で構成される東ASEAN成長地域 (BIMP-EAGA/ビンプ・エアガ)における玄関口としてのムアラ・ポートの発展に沿ったものとなっている。

このサービスは現在、MCTのゲートからおよそ1キロの場所にある、ブルネイ通信省港湾局 所有の専用施設、インランド・コンテナ・デポ(ICD)で実施可能となっている。

これにより荷受人や輸入者は、各運送業者を介し、コンテナをそれぞれの施設まで運ぶか、あるいはICDで貨物を取り出すかの選択が可能となる。

このサービスが最終的に目指すのは、可能な限り迅速に全てのコンテナを港から運び出し、それにより、こうしたコンテナのMCTでの滞留時間を減らすことである。

同様に、荷積み作業を要する輸出FCL コンテナも、輸出に向けてコンテナを船に積み込む前に、この施設を利用することが可能。

(B.B. 2017年4月18日)

p01-1_20170309
p01-2_20170309

3月8日、ペヒン・モハンマド・ヤスミン・ビン・ウマル総理府エネルギー・産業大臣は、「今年の我が国の石油生産量は、日量134,000バレルとなっています。因みに、昨年の生産量は日量139,000バレルでした。」と語った。

「この落ち込みは、一部は資源が自然に次第に減ってきているためであり、生産量の一時的中止と延期に依るものであり、また石油輸出国機構(OPEC)への我が国のコミットメントに依ります。」と、同大臣は、第13回国会(LegCo)の3日目において、同省の予算を討論する前の前口上のスピーチで語った。

「2016年に、石油ガス部門は、全ての資源と埋蔵量を9,400万石油換算バレル(BOE)増大することができました。これにより、石油ガス埋蔵量の寿命を53年間に伸ばせました。」と、同大臣は語った。

「エネルギー部門の主な役割は、国家の炭化水素の宝が持続可能な発展をするためです。」

再生可能エネルギー源に関して、同大臣は、「大規模なソーラー(太陽エネルギー)プロジェクトが、テンブロン県にあるベリンガス火力発電所においてディーゼル油で操業している火力発電機に代わって、テンブロン県で始まります。」旨公表した。

「本プロジェクトは、2018年第1四半期に完成する予定で、第1段階で23%の省エネルギーとなります。」

電気に触れて、同大臣は、「信頼性を改善するために幾つかのイニシャティブが行われ、それにより2010年以降停電を67%減らしました。」

「2011年に住宅用の料率の導入が改正されて以来、エネルギー消費量は12%減りました。」

「電気の節約が続けられ、政府の建物が年間1,600万Bドルの節約を達成しました。」

「電気料金は、2015年11月以降,13%減りました。」

同大臣はまた、「電気サービス局(DES)は、ダルサラーム資産への移転を通して、発電部門と送電部門を民営化する計画です。」と語った。

外国直接投資(FDI)を誘うことについて、同大臣は、「FDIは、ブルネイの中小零細企業にとって経済的スピンオフや雇用機会を生み出す重要な役割を演じます。一方、中小零細企業のビジネス生態系を更に発展させ、かつ強化し、また協同組合のガバナンスを改善する努力が強まります。」と語った。

同大臣は、「協同組合を支配することは、効果が少なくなってしまい、そして、同省下での161の協同組合の中でわずか69がまだ活発です。しかし、残りは活動的ではありませんが、株式資本を持つメンバーを持っています。」と語った。

「2017年に、政府は、協同組合のガバナンスを改善し、そしてそれらの協同組合を国際レベルで競争的となるように育成することに集中しています。
政府は、2017年3月から実践コードを紹介したり、財務健全性クリニックを開催したり、基本的なスキルについてのトレーニング・プログラムを開催したり、また針のないミツバチの保護や水産養殖といった輸出指向型産業に従事する協同組合を奨励したりすることでそうする予定です。」

「中小零細企業の育成に対処するために、DARe(ダルサラーム企業)は、2016年10月以降、産業事業アカデミー(IBA)、スタートアップ・ブートキャンプ、並びにマイクロクレジット・ファイナンシング・スキームを通して、企業家のための幾つかの能力構築プログラムを行ってきました。」

同大臣は、「ペヒン・アブドゥル・ラーマン・ビン・イブラヒム総理府大臣兼第二財務大臣が3月7(火)に予算スピーチで詳細を述べたように、2017年の焦点は、中小零細企業の生態系を強化することです。」と語った。

E-政府ナショナル・センター(eGNC)について、同大臣は、「それはまた、サービスと共通の政府のインフラを向上させました。それにより、“ワン・ガバメント・ネットワーク(OGN)の利用は、出費を33.6%削減し、また”ワン・ガバメント・プライベート・クラウド“サービスは、コストを最大42.38%削減しました。」と語った。

「同時に、ローカルな情報通信技術(ICT)産業の能力構築のための努力がなされています。3月1日に施行された“ローカル・ビジネス開発(LBD)”政策は、毎年少なくとも25のITプロジェクトを生み出すことになっています。このLBDは、“ローカル・ビジネスⅠ&Ⅱに関する指示の発行以来、ローカル分の歳出が2010年から2016年まで40%増大した石油ガス部門の改善が分かりました。」

雇用機会に関して、同大臣は、「これまで、12,966人の求職者が、“ジョブセンター・ブルネイ・システム”に登録しています。このうち、1,562人の求職中の卒業生は、“I-RDY見習いプログラム”を通して援助を受けています。また、残りの人は、企業家精神を思い切って進むために“スタートアップ・ブートキャンプ”を通して吸収されます。」と語った。

「卒業生でない求職者約4,000人は、継承計画を通して目標を立て、また3,000人もの人は、“産業能力フレームワーク(ICF)”プログラムを通して目標を立てます。」

(B.B.2017年3月9日)

スルタン(ハサナル・ボルキア国王)の命により、ブルネイ経済開発委員会(BEDB)は、「スルタンは、DARs(ダルサラーム企業)の社長/経営最高責任者(CEO)であるルー・ヤウ・スーン(スーン・ルー)氏をBEDBの経営最高責任者(CEO)に任命しました。」旨発表した。

この人事異動は、2017年3月2日付である。

(B.B.2017年3月4日)

page-14-a-19p6_050317
page-14-b-10p3_050317
page-14-c-10p4_050317
page-14-d-16p8_050317
A section of invited guests at the event

3月4日、エンパイア・ホテル&カントリークラブのインデラ・サムドラ・グランド・ホールで開催された“ブルネイ・シェル合弁事業(BSJV)エンブレム・ナイト”に於いて、総勢296名の従業員が永年勤続のお祝いを受けた。

年に一度の感謝の夕べで、11名の従業員が40年の永年勤続賞を、144名の従業員が35年の永年勤続賞を、56名の従業員が30年の永年勤続賞を、また115名の従業員が25年の永年勤続賞をそれぞれ受賞した。

受賞者は、ブルネイ・シェル・ペトローリアム社(BSP)、ブルネイLNG社(BLNG)、及びブルネイ・シェル・マーケティング社(BSM)の従業員から成っている。

ダトー・バーリン・ビン・アブドゥラ開発大臣(BSJV会社の取締役会長を兼務)が、来賓としてこのイベントに出席した。

また、ダトー・アミン・リュー・ビン・アブドゥラBSJV取締役会メンバー並びにBSJVの役員も出席した。

アンドリュー・フォークナー・ブルネイ・シェル・ペトローリアム社社長は、この式典でのスピーチで、永年勤続賞を受賞した人々に対して感謝の意を表明した。

「今夜のイベントは、会社と永年勤続者との間の創り出されたパートナーシップの達成を反映させる機会を提供します。」と、同社長は語った。

「私達が難題を克服し、機会を捉え、そして驚くべき結果をもたらすことができたのは、あなた方の継続的な努力とサポートによるものです。」

同社長は、「40年間の永年勤続の人々は、BSJVの中で信じられないくらいの業績を上げた期間を見てきました。そして、彼等に継続的な改善を引き起こすことを許したのは、会社とスタッフの間で長い間続いている好ましい関係があったからです。」と語った。

「私達の経験と間違いから学び、私達自身を駆り立て、約束通りに、時間通りに、そして全てのレベルで予算の範囲内で、デリバリーするように努めることにより、私達は、BSJVとブルネイの繁栄ある将来と持続可能な将来への道を開き続けます。」

同氏は、「ある人が同じ組織で25年間、30年間、35年間、並びに40年間ずっと働くということは、驚異的な偉業です。」と語った。

「それは、あなた方の会社におけるあなた方の忠誠心、強い帰属意識、並びに非常に大きなプライドを示しています。」

BSP社長は、「驚くべきことですが、受賞者の総勢で、BSJV会社に8,985年間いることになります。それは、経験と知識の最も驚くべき図書室(どんな会社にとっても信じられないほど価値のある資産です)を意味する1,900万マン・アワー(人時)相当のBSJVの経験と知識に達します。」と付け加えた。

「従って、この経験は、それに基づいて事を進め、共有されることが重要です。」と、同氏は語った。

「それで、私は、あなた方により若い世代のスタッフにあなた方の知識を授け、彼等を養育することを手伝うように心からお願いします。より若いスタッフは、そのような共有から利益を得ます。また、より早く学びます。そしてブルネイの将来を活気づけるための追求において、私達の有能なパイプラインを構築する当社の既存の努力を更にスピードアップします。」

BSP社から30年永年勤続の表彰を受けた一人であるペンギラン・カマルディン氏は、全ての受賞者を代表してスピーチを行った。

同氏は、受賞者達のそれぞれの会社に、“私達のキャリアを通して学ぶ機会と育成する機会を提供してくれることに対して、私達が毎日無事に家に帰ることができることに対して、またブルネイ国の成長の一部である機会を与えることに対して”、感謝の意を表明した。

「私達は、私達の努力(大小さまざまあるが)がBSJVと私達が愛している国ブルネイにとって非常に重要であることを心から願っています。」と、同氏は付け加えた。

来賓が、40年永年勤続表彰者に永年勤続エンブレムを贈呈した。また、35年永年勤続表彰者、30年永年勤続表彰者、及び25年永年勤続表彰者は、それぞれのBSJV会社の社長から賞品を授与された。

“BSJVエンブレム・ナイト”は、永年勤続者のそれぞれの会社に対する忠誠心、勤勉さ、及び献身を認め、感謝する目的で開催される年に一度のイベントである。

(B.B.2017年3月5日)

MIPRT

一次資源・観光省は、農業、漁業、及び林業の総生産高を2020年までに年平均成長率28.8%(2015年-2020年)、総額18億Bドルに伸ばすことを目標としている。因みに、2010年-2015年の年平均成長率は、年平均成長率6.5%、総額5億1,100万Bドルだった。

農業、漁業、及び林業の年平均成長率は、2015年-2020年の間、それぞれ24%、44%、及び6.5%を目標にしている。因みに、2010年-2020年の間は、それぞれ9.90%、3.11%、及び6.75%だった。

観光産業については、2015年-2020年の入国者数を年率15.63%の伸びを目標にしている。因みに、2010年-2015年の伸びは年率0.36%だった。そして、2020年までに観光からの収入を3億3,500万Bドルにすることを目標としている。

空からの旅行者数は、2015年の218,000人から2020年には450,000人に増加させる。

水産養殖に関しては、同省は、2015年のたったの1千万Bドルに比べて2020年までに4億Bドルにすることを目標にしている。

漁獲については、2015年の8,400万Bドルに比べて2020年までに1億1,200万Bドルにすることを目標にしている。

同省は、「上記の水産養殖の数字には、ブルネイとシンガポールによるプロジェクトであるKRアポロ社によって最近明らかにされたブルネイ国における地上をベースにした、バイオ・セキュリティが保証され、そして高密度の水産養殖産業が含まれていません。」と語った。

「この2千万Bドル以上の投資は、今年から水産養殖物及び水族館用魚の生産を実現します。これは、漁業部門の鍵となる優先プロジェクトです。」

地元及び海外からの投資家の両方からの投資家の参加を促し、生産性の増加とハイテク(先端技術)の使用によって、農業、漁業、及び林業の生産高の伸びがあることを強調した。

同省は、官民連携、外国直接投資、合弁事業、入札、ブルネイ人の起業家及びテクノロジーを通して実施されるプロジェクトを明らかにした。

外国直接投資には、養殖システムを通してブルネイでコバンアジを育て、年間1億Bドルを目標としている中国のヒセトン社、及び日本へのマグロの輸出を計画し、年間1億Bドルを目標としている日本のヤマコ社が含まれている。

台湾のゴールデン・コーポレーション社は、青エビの養殖をしており、年間の売り上げ目標を1億Bドルとしている。

また、合弁事業プロジェクトには、インドネシアのSBM社とブルネイのヌマバイ社で、池、養殖場、契約養殖を通して、ハタ(大型魚)の養殖を行い、年間3千万Bドルの売り上げを目標にしている。

他の合弁事業プロジェクトには、シンガポールのRBI社とブルネイのサマカヤ社で、垂直的養殖や契約養殖を通して、カニの養殖で年間の売り上げ目標を1億Bドルとしている。

(B.B.2017年3月2日)

p01-2_20160214

2月13日午後、スルタン(ハサナル・ボルキア国王)は、離任するアンドリュー・フォークナー・ブルネイ・シェル・ペトローリアム社(SSP)社長と会談した。

アンドリュー・フォークナー社長には、ケリ・パウエルBSP社新社長も同席した。

この会談にはまた、ペヒン・リム・ジョク・セン総理府大臣兼第二外務貿易大臣、及びペヒン・モハンマド・ヤスミン・ビン・ウマル総理府エネルギー・産業大臣も同席した。

この会談は、イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)で行われた。

(B.B.2017年2月14日)

p06-3_20170210
p06-1_20170210
p06-2_20170210
p06-4_20170210

「輸送分野において、通信省は、ブルネイとサラワク州、及びポンティアナック市の間の連結性を強化します。」

「同時に、ブルネイ政府は、貿易、雇用、並びにビジネスの機会を広げます。」

2月9日、ダトー・ムスタパ・ビン・シラト通信大臣は、「企業家が、海外市場、特に近隣諸国の市場を探究する」という希望を表明する前に、上記を述べた。

同大臣は、ブルネイ、サラワク州、ポンティアナックにリンクする特急バスの運行開始式典でこのように語った。これは、リズクン・インターナショナル・ホテルで開催された。

この運行開始は、特にブルネイ-インドネシア-マレーシア-フィリピン東アセアン成長地域(BIMP-EAGA)における連結性(特にボルネオ島において)を広げることである。

「多くの地域は、インフラ開発を確認し、そして、私達には、改良されたパン・ボルネオ・ハイウェー(コタキナバル~クチン~ポンティアナックをカバーしているボルネオ島縦断道路)があります。私達はまた、他の地域にも連結性を広げようと努力しています。」

「私達は、ブルネイの観光を促進するために、例えば、ブルネイの運行者がクチンからブルネイまで乗客をピックアップすることができることを願っています。この問題は、常に関連機関と協議してきました。私達は、バスの運転手が乗客をピックアップすることができる地域を特定しています。」
「乗客をピックアップする地点は、制限されるかもしれません。私達が欲していることは、できるだけ広い適用範囲を得ることです。市場機会は、ブルネイと他の国々との間で広いです。」と、同大臣は語った。

同大臣はまた、タクシー運転手が最高のサービスをし、国家の良いイメージを守り、ブルネイの文化と国是を示し、かつ乗客にタクシーを捕まえる信頼を提供するために、タクシー運転手に対して協力を求めている。

「私達は、ブルネイ人がタクシー運転手やバス運転手になることができることを願っています。観光客が私達のタクシー・サービスが安全で、信頼されると感じてもらう為に、私達は、タクシー・サービスが観光客のためにベストを尽くして欲しいと思っています。」

「私達は、彼等が他の国々でしているように、タクシー・アプリを利用したいですし、また乗客のためにこのアプリをローカルの人々に作らせたいです。私達のタクシー・サービスがまだ限られたものですので、我が国のローカルのソフトウェア開発者が、そのようなアプリを創りだすように奨励しています。そのようにして、国内で雇用機会を創りだします。」

ブルネイ/サラワク州/ポンティアナック市(インドネシア)間のBIMP-EAGA特急バス・サービス・ルートは、GHKモータース社から購入した4台の新型サンウィン大型バスを使って、アワン・ダミト・バス・サービス(ADBS)社が運行する。

GHKモータース社のペヒン・ゴー・キン・チン社長も、この運行開始式典に参加した。

また、ADBS社のイブラヒム・ビン・ダミト社長は、バス運行者として、「この新型バスは、スウェーデンからボルボ社の安全技術を利用し、大きな荷物スペースと高いデッキの座席を提供しているので、豪華で、快適です。」と語った。

「これらのバスはまた、3点のシートベルト、ABSブレーキ・システム、ロールオーバー防護装置、CCTV、GPS、及びバス追跡システムを搭載しています。」

「パン・ボルネオ・ハイウェーの設立で、この旅は、現在非常に安全で、快適な旅となりました。ハイウェー沿いの色々な停留所は、運転手と乗客に快適さを提供します。」と、イブラヒム社長は付け加えた。

(B.B.2017年2月10日)

p01-2_20170208
p01-3_20170208

「通信省(MinCom)は、より良い輸送システムと通信システムを提供するために、戦略計画(2017-2022)における5つの重要な分野を構築しました。そして、それは、まだ考慮中であり、精査中であります。」

これは、2月7日に、通信省アルマハバ会議室において開催された通信省代表と国会議員との講演において、ダトー・ムスタパ・ビン・シラト通信大臣が述べたものである。

同大臣は、「第一の戦略は、顧客に焦点を当てています。それにより、通信省の各部局は、市民の抱負やニーズにもっと注意を払い、そして顧客と調和のとれた親しい関係を築くつもりです。」と説明した。

「第二の戦略は、公共輸送システムの連結性と信頼性を強化し、そして利用者数を2020年に190万人から300万~350万人に増やすことを目的として、輸送と通信に関する法令を見直すことにより、法令の枠組みを強化することです。」

「法令の枠組みは、重要な役割を演じます。通信は、国民が企業家的な活動に従事する機会、或いは経済活動をするために重要です。通信と輸送の役割は、便利で、スムーズで、そして障害なしに利用できることを確認することにより、あらゆる国民と居住者の機動性を確実にすることです。」と、同大臣は語った。

「第三の戦略は、官民一体(PPP)の協力の枠組みにおいて、費用対効果を達成することです。この戦略の目的は、同省のシステム・マネジメントをより便利にして、政府部門と民間部門が密接に協同するためのアプローチを創ることです。

官民一体(PPP)において、政府部門は、時間とスペースを持っています。一方、民間部門は、資源を持っています。そして、経済的難題に直面する時、既存の資源を利用するための協力が強化されるべきです。」と、同大臣は語った。

「第四の戦略は、港湾及び空港を含むインフラを改良することです。経済活動を増やす目的で、国民のためのサービスを改善することが、同省の継続的な努力です。」と、同大臣は付け加えた。

「第五の戦略は、通信及び輸送のマネジメントにおけるセキュリティ、ヘルス(健康)、並びに環境の面を深めるために、ヘルス、安全、及び環境(HSE)に焦点を当てることです。」

「この戦略計画はまた、特に国家経済成長に関与する努力に沿って、国民の行動と機動性を向上させるためのサービスを提供するパフォーマンス・ベースのアプローチ、或いは業績について強調しています。これは、これら全ての安楽な生活が、それ自体の特定なゴールであることです。」と、同大臣は語った。

「連結性と信頼性によって、国家の経済発展への通信部門の貢献は、より多くのビジネス・スペースや雇用機会を提供することにより、より実質的なものになります。」と、同大臣は付け加えた。
この日のセッションではまた、同省の2017年度の計画も行われた。それには、より良い公共輸送、道路の安全、及び携帯電話受信可能範囲を含んでいる。
このイベントは、参加者に関連した問題に関する情報を共有し、交換する機会を提供することであると共に、如何にしてサービスの質基準と活動上の効率を向上させるかについての見解と提案を議論するプラットフォームである。

このイベントには、アザル・ビン・アーマド通信省事務次官、通信省各局長も出席した。

(B.B.2017年2月8日)

page-1-A_2217
page-3-B_2217-1

「国家の繁栄の持続性は、政府部門の大きさに依存するのではなく、民間部門の生産高の強い伸びにむしろ依存しています。」旨、ダトー・アリ・ビン・アポン一次資源・観光大臣が、2月1日において開催された‘国家経済の発展’に関する特別講演で語った。

この講演は、イスラム・スルタン・シャリフ・アリ大学(UNISSA)の知識&言語増進センターが、国是“マレー主義、イスラム国教、王制擁護”(MIB)コースを取得している学生のために開催したものである。

「国内総生産(GDP)成長の鍵は、生産性(テクノロジーの生産)を高めることであり、また我が国の製品の輸出市場への浸透を成功させることです。」と、同大臣は語った。

「‘輸出心理’は、単にローカル・ビジネスマンだけでなく、政策立案者、業務監査委員、及びあらゆる階層の人々にも広げなければなりません。現在の高い失業率は、若者に対して単に政府部門に頼らないための推進力でなければなりません。」

「もし現在の景気減速がこのまま続くのであれば、それは、“ヴィジョン2035”を達成するための決意におそらく影響を与えるだろうことを意味します。」

ダトー・アリ大臣はまた、学生達に情報通信技術(ICT)及びビジネスのやり方をもっと身に着けるように促した。それによって、学生達は、民間部門での職を見つけたり、或いは彼等自身のビジネス・ベンチャーをセットアップしたりすることが困難でなくなるでしょうと語った。

同大臣はまた、「一次資源・観光省の使命は、国内外の両方で投資を促し、また生産性を高め、ハイテクを使い、そして輸出市場に的を絞ることを強調することで、GDPの大きな貢献者となるために、一次資源と観光産業の生産高を伸ばすことです。」と説明した。

この講演には、UNISSA学長のノラルファン・ビン・ザイナル博士、アルマン・ビン・アスマド副学長、及びマスリヤティ・ビンティ・ヤヒヤ知識&言語増進センター所長も同席した。

MIBコースは、UNISSAでの必須科目であり、学生達がブルネイの国是をしっかりと理解し、感謝することを目的としている。

(B.B.2017年2月2日)

p06-1_20170111

ブルネイ・シェル・タンカーズ社(BST)の以前リサイクルされた船舶’Bilis’号からの部品の手交式典が、1月10日に、BSTの代理としてノブルネイ・ガス・キャリアーズ社(BGC)とブルネイ・マリタイム・アカデミー(BMA)の間で行われた。

この式典は、ジェルドンにあるBGC本社で行われた。

それぞれの組織の代表として、シャブディン・ビン・ムサBGC社長が、またスハイミ・ビン・アブドゥル・ワハブBMC校長が署名した。

ブルネイにおける海運業発展のために、エネルギー産業適格フレームワーク(EICF)を支援すると共に、教育活動を支援するために“ブルネイ・ヴィジョン2035”に沿って、BGC社の社会的投資イニシャティブの一環として、部品(部材から成る)がBMAに手交された。

‘Bilis’号は、日本へ液化天然ガス(LNG)を運搬するBST社所属の’B’クラス船7隻のうちの1隻で、2014年にリサイクルされた。

‘B’クラス船のうちで最も若くて最大のこの船は、1975年に建造され、ロイド船級協会から環境に取り組む船級付記証明書を発行された最初の’B’クラス船として長年にわたって幾つもの業績をあげた。

‘Bilis’号はまた、ロイド船級協会のグリーン・パスポート証明書を取得した最初の船である。

2005年6月15日に、この船舶は、日本の根岸ターミナルでブルネイLNGの5,000目のカーゴを受け渡し、また、2007年7月に日本の袖ケ浦に到着し、6,000目のカーゴ・デリバリーをして世界中の全てのLNGプロジェクトから称賛を得た。

BST社の7隻の’B’クラス船、即ち、’Bubuk’号、’Bilis’号、’Bekalang’号、’Bekulan’号、’Belais’号、’Bebatik’号、及び’Belanak’号が、ブルネイLNG社にチャーターされた。’Bebatik’号と‘Belanak’号の2隻のみが、現在も就航中である。

(B.B.2017年1月11日)