教育

二人のブルネイ人学生、Muhd Syauqiさん(17) とAdham Darwishzさん(19) は、昨日、文部科学省による政府奨学金でさらに勉強するために日本へ向けて出国した。

在ブルネイ日本国大使館青木敦史一等書記官兼広報文化担当、及びわたなべえいこ研究員兼顧問が見送りのためブルネイ国際空港に立ち会った。

二人の学生は日本の高等専門学校で四年間勉強する。

高専は日本独自の教育機関で、高度な専門知識を持つ技術者を育成するための実践的な教育プログラムを提供しており、高度な理論的知識と組み合わされた実験や実務に焦点を当てた最新技術を活用している。また、先進工業社会への発展に重要な役割を果たしたことで知られている。

青木氏は 「高専は、学生が社会に貢献できるように理論を学び、実践的な仕事をする、日本独特の教育システムです。」

ブルネイ国際空港に於いて。Muhd Syauqiさん、Adham Darwishzさん、駐ブルネイ日本国大使館青木敦史一等書記官兼広報文化担当、わたなべえいこ研究員兼顧問

「勉強以外にも、ブルネイの学生が日本の生活様式を体験し、私たちの文化をもっと学んでほしいと思っています。彼・彼女らはブルネイと日本の “友好の架け橋”になることが出来ます。」

学生たちは1年間の日本語講座に参加する、と青木氏は付け加えた。

Muhd Syauqiさんはインタビューで、「私は新しい経験をとても楽しみにしています。他の多くの志願者の中から奨学金を貰うことが出来とても驚きました。」と語った。

日本を選んだ理由について、彼は「私は中学時代に日本の声優に憧れていて、その頃から日本への関心が高まりました。私もコンフォートゾーンを抜け出して日本に行くことにしました。」と話した。

Muhd Syauqiさんも日本のCOVID-19の状況に懸念を抱いているが、マスクを着用したり、社会的距離を保つようにしたり、頻繁に手洗いをするなど、対策をすると誓った。

Adham Darwishzさんも新型コロナウイルス対策ついて同調しながら、日本の文化についてもっと学びたいという思いから日本を選んだと述べた。

日本政府奨学金の両受給者は、この機会を与えてくれた日本政府に感謝の意を表した。

ブルネイ・ダルサラーム日本国大使館は、2022年度の日本政府奨学金制度の申請を受け付けている。

日本の文部科学省は、毎年日本政府奨学金制度の下で、日本留学を希望する留学生に奨学金を提供しており、研究生、学部生、技術大学の学生、専門の訓練生の4種類からなる奨学金は、授業料、生活費、ブルネイと日本の交通費をカバーしている。

興味のある学生は、5月28日まで大使館に申請書類を提出する必要があり、その他の情報や申請書はウェブサイトから入手できる。

http://www.bn.emb-japan.go.jp/itpr_en/education.html

在ブルネイ日本大使館、生涯教育センター (L3C)、ブルネイ大学言語センター、ブルネイ教育省、国際交流基金、ブルネイ日本人会、日本留学生同窓会(BAJA)により開催された第33回日本語弁論大会グループプレゼンテーションコンテストにおいて、 セリ・ムリア・サウジャナ学校(SMSS)が優勝、マーハド・イスラム学校が第二位、ハサナル・ボルキア・男子アラブ中学校(SMALHB)が第三位に輝いた。

在ブルネイ日本国大使館の山本栄二大使、ブルネイ大学言語センター長 Dr. Yabit Alas、L3C Walter Chong副センター長、ブルネイ日本人会畑中会長、BAJA De Liling代表、教育省Hajah Hajidah課外活動課長補佐代理が出席した。

同コンテストは出場者の日本語能力を披露してもらうことを目的としており、日本国民とブルネイ国民の相互理解を深め、友好親善を深める役割も担っている。受賞者には、ブルネイ日本人会より賞状、トロフィー、賞品が贈呈された。

在ブルネイ日本国大使館の阿部宏参事官は、昨日、バンダル・スリ・ブガワンの日本料理店で、Vincent Yap Kah Jiunの壮行会を行った。

Vincent Yap Kah Jiunさんは、日本政府の奨学金を受け、研究生として早稲田大学に2年間通う。

文部科学省 (MEXT) は、文部科学省奨学金制度の研究生として、外国人留学生に日本の大学の大学院レベルの課程で学ぶ奨学金を提供している。

日本での研究を通じて、奨学金受給者の国と日本の友好の架け橋となる人材を育成し、両国と世界の発展に貢献することを目的としている。

ブルネイ・シェル・ジョイント・ベンチャー (BSJV) の奨学生33人は、昨日、ブルネイエンパイアホテルのIndera Samudra Grand Hallで行われた式典で奨学金契約に署名した。

Dato Seri Setia Dr Awang Haji Mat Sunyエネルギー大臣も署名式に出席した。

学生はブルネイ工科大学を含む地元の教育機関や、オーストラリア、英国の大学でより高等な教育を受ける。

BSP社のHajah Zainan人事部長は、ブルネイ人化と人材開発は常にBSPの優先事項である、と述べた。

世界レベルの開発機会、国際的に認定された適正能力の枠組みやOJTを通じ、奨学生は成長し、キャリアを形成し、最終的には会社の将来を築く機会が与えられる。

Hajah Zainan人事部長は「これらの取り組みは、ブルネイの将来に活力を与えるという経営ビジョンを実現し、Brunei Vision2035の達成に向けた国の努力を支援する一助となる」と述べた。

ブルネイ日本大使館の阿部宏参事官は、9月28日に首都バンダルスリブガワンにある日本料理店にてMohammad Zaimの壮行会を開催した。

Mohammad Zaimは文部科学省主催の2020年度留学プログラムであるYoung leader’s Programme(YLP)を通じて日本に留学、政策研究大学院大学にて行政・公共政策の修士課程を学ぶ。

この奨学金全額給付型留学プログラムは行政官に政府・公共政策における就労経験を豊富に積んでもらうことを目的としている。

Mohammad Zaimはブルネイの開発と繁栄を担う次世代のリーダーとして活躍し、またブルネイと日本の友好関係を発展させる役割を期待されている。

 

Meragang Sixth Form Centre(PTEM)の生徒である新進アーティストSiti Nur Basirah Syahzariが、日本で開催された第21回高校生国際美術展で優秀賞を受賞した。

受賞作のPemarang Nini(祖父のマチェテ:山刀)は、ブルネイ人学生が制作したその他4点の作品と共に、8月5日から12日まで東京の国立新美術館(NACT)で展示された。

このイベントは、世界芸術文化振興協会(IFAC)によって毎年開催され、若き才能の育成と、芸術を通じた国際交流の促進を目的としている。世界中の高校生から14,000点もの応募があり、この美術展では上位500点のみが展示された。

ブルネイの優勝者は、授賞式に出席するために日本を訪れて各国の若手アーティストと交流する予定だったが、コロナウィルスの影響で中止となった。受賞式はオンラインで開催された。

Siti Nur Basirah Syahzariはブレティン紙の取材に対し、「2020年の高校生国際美術展で、ブルネイの優勝者に選ばれて光栄です。選ばれるとは予想していませんでしたが、両親を喜ばせることが出来て嬉しい。」

新進気鋭のブルネイ人アーティストSiti Nur Basirah Syahzari(PTEMの生徒)が第21回高校生国際美術展で優秀賞を受賞。写真は、彼女が受賞したトロフィーと一緒にポーズをとっているところ
PTEMからの参加者と同高および教育省共同カリキュラム教育部の担当者
Siti Nur Basirah Syahzariの受賞作品Pemarang Nini

「芸術賞を初めて受賞しました。以前は自分のアートスキルに自信がなく、どんな大会にも参加しようとは思っていなかったが、PTEMの美術の先生に勧められてこのコンテストに参加することにしました。」しかし、日本に行くことができず、彼女の喜びは薄れてしまった。「母と旅行に行かれず残念です。とても楽しみにしていました。私はコロナウィルスの世界的流行が早く終わることを祈っています。」と述べた。

彼女は受賞作について、「40年以上、大工の仕事をしてきた祖父のHaji Abdul Latiffが作ったマチェテ(山刀)の絵です。祖父は10年程前にこのナイフを制作し、私はその彫刻がとても美しく複雑なことから、これを題材にしようと決めた。」と述べた。

「細部の描写に時間がかかり、大変な忍耐を必要としたので、この絵を仕上げるのに1ヶ月かかった。」

Siti Nur Basirah Syahzariは、美術とデザインの科目で、彼女にとって経験の少ないゼロの段階でA*の生先を取ったことで、自分のアートの才能に気付いたという。「芸術作品を作り、その分野での技術を磨くことに喜びを感じる。」と述べた。

「今、私はPTEMで勉強していて、Aの成績を取った科目の一つとして美術の受講を続けている。また、新しいスキルや、より高いレベルの作品を制作する方法も学んでいる。」

彼女はサポートしれた人達に感謝を述べ、IFAC、在ブルネイ日本大使館、教育省(MoE)に謝意を表した。PTEMの学生が同賞を受賞するのは、今回で2回目。前回は2018年にSiti Nur Rabiatul Adawiyahが受賞した。

今般の功績を受け、PTEMのSiti Nur Basirah Syahzariと他の参加者は、MoEの共同カリキュラム教育部が主催した表彰式でHajah Hajidah副部長代理から賞を授与された。 (B.B.8月13日)

教育省(MoE)傘下の全ての学校、宗教省(MoRA)傘下のアラビア系学校、私立学校、高等教育機関(IPTAs)、ブルネイ技術教育インスティテュート(IBTE)は、段階的な緩和策の第4弾として、7月27日から通常通り再開される。

一方、インターナショナル・スクールの学校再開日は今後機関によって指定される。

これは昨日の記者会見において、Dato Seri Setia Awang Haji Hamzah教育大臣が明らかにしたもの。

同大臣は、段階的な緩和策の第4段階において、学生達は通常通り授業を受けることが可能になると述べた。但し、朝礼、スポーツ、カリキュラム活動など、教室外での活動はまだ禁止されている。

一方、IPTAとIBTEには、授業をどの用に行うかに付き柔軟性が与えられており、現在オンラインで行われている授業もあることから個別ニーズに合わせて実施される見込み。(B.B.7月23日)

Brunei大学(UBD)は初のオンライン夏期プログラムであるe-Global Discovery Programme(e-GDP)を最近開始した。

Global Discovery Programme(e-GDP)は通常、年に数回キャンパス内で開催されている。新型コロナウィルスの影響により、UBDは今般オンラインでの下記プログラムとした。7月のe-GDPはパイロット版で、マレーシア科学大学(USM)とシンガポール工科デザイン大学(SUTD)からの学生が参加。プレスリリースによると、次の8月のe-GDPにはマレーシア・トレンガヌ大学(UMT)、立教大学、京都大学、茨城大学などから45人の学生が参加する予定。

e-GDPの主な目的として、ブルネイの文化と言語、国際感覚、起業家精神のスキルを紹介することに焦点を当てている。6日間で複数の対話型セッションが用意され、独自のプログラムとして、GDPの学生たちとのe-ディスカッションセッションがZoomとRemo e-plat formsで行われた。

学生たちはマレー語の授業や、ブルネイ伝統料理のインタラクティブなデモンストレーションを楽しんだ。参加者は、ブルネイ、ボルネオ島、東南アジアについての知識を深められたので、このプログラムに参加したことを後悔していないと述べた。e-GDPプログラムでは、一次資源・観光省(MPRT)の観光開発局によるブルネイ観光の概要説明も行われる。マレーシアサインズ大学の院生であるJerry Xu Guo Jianは、「この素晴らしいオンラインプログラムに関わったUBDのスタッフに心から感謝します。e-GDPの運営に尽力下さりありがとうございます。今年は中国とブルネイの観光年であり、ブルネイのバーチャルツアーに参加する機会を持てたことを嬉しく思う。伝統舞踊とブルネイ料理の実演も楽しかった。」と述べた。

マレーシアサインズ大学の博士課程の学生Payal Choudhuryは、「e-learningプログラムを企画した講師の方々に感謝します。セッションの後、e-ディスカッションを行うために時間を割いてくれたGDPの学生達を忘れません。彼らと知り合い、話をしたり、考えを共有したりするのは楽しかった。ブルネイはマレーシアのすぐ近くにある国なので、訪れるべき美しい場所について聞くことができて嬉しい。」と述べた。

オンライン夏期プログラムのスクリーンショット。写真:UBD (B.B.7月18日)

ブルネイで最初の歯科医だったChin Yam Chin博士が7月9日、91歳で亡くなった。

ブルネイ元日本留学生協会(BAJA)の創設者であるChin博士は、日本語、日本の文化や伝統に造詣が深かった。

同協会は1986年に設立され、Chin博士は創設メンバー2名のうちの1人で、もう1人はPengiran Setia Negara氏(1985年の駐日大使)。

Chin博士は、2011年の年次総会の後、BAJAの顧問となった。また、日本とブルネイの友好関係と相互理解の増進に貢献したとして、日本政府より旭日重光章を贈られた。

彼は、国立東京医科歯科大学の入学試験を受験する前、1958年8月に渡日し、東京の武蔵境にある亜細亜大学で1年間の日本語集中講座を受講した。

試験に合格したChin氏は、1959年3月に奨学生として大学に入学。彼は、東京医科歯科大学で歯学を専攻し6年間の勉強を始めた。60人のクラスで、彼は唯一の留学生だった。

Chin氏には1人息子と1人娘がいる。(B.B.7月11日)