政府

ブルネイダルサラーム国は1984年1月1日に完全独立を果たし、主権国家としての国際的責任を再び負うことになった。また、同時に省庁制度を採用した。