ブルネイダルサラーム国憲法

ブルネイダルサラーム国には成文化された憲法があり、それは2つの基本的な法律からなっている。即ち、憲法(The Constitution of Brunei Darussalam)と王位継承と財産相続に関する発布1959年(the Succession and Legacy Proclamation 1959)である。
1984年1月1日には、憲法は完全独立主権国家としてのブルネイダルサラーム国の地位を表す条文が加えられた改正憲法が施行された。
憲法は、ブルネイダルサラーム国の最高権限をスルタンに授けることを規定している。
スルタンは、閣僚会議(the Council of Ministers)、枢密院(the Privy Council)、宗教評議会(the Religious Council)、 王位継承評議会(the Succession Council)、及び立法府(the Legislature) によって補佐されている。