輸送と通信

 2004年におけるブルネイダルサラーム国の新規登録自動車数は、14,514台であり、そのうち14,368台(98.9%)は、個人所有車である。1996年にはバス・タクシーを含む公共交通機関をよりシステマティックにした。2001年11月初旬に、個人用自動車の輸入税が20%に、また重量のある車は15%に軽減された。
 テレコミュニケーション・サービスは、継続的に改善されている。2004年には83,100回線の直接交換ラインが可能となった。人口100人当たりの直接交換ライン数は、23.2%となった。セルラーの携帯電話サービスが1990年に導入された。南東アジア―中近東―西欧(SEA-ME-WE3)光ファイバー海底ケーブル・プロジェクトが現在敷設中であり。これが完成すると国際的なテレコミュニケーションが大いに改善されることになる。広帯域データ交換サービス、ページング(コンピューターの主記憶装置と補助記憶装置とのやりとりで、主記憶装置を数キロバイトごとのページ単位に分けること)、インターネット・サービスも可能となった。2004年におけるインターネット加入者は、11,391人で、携帯電話加入者数は202,495人になった。